2017.2.28

企業選びのポイント~どんなデザインに携わりたい?~



美大や芸大、美術系学部出身の方の多くが目指す「デザイナー」。

このデザイナー職を目指したい方は、いろいろなきっかけがあったはずです。

「○○を作りたい!」といったような、制作物・制作媒体から入る方もいるでしょう。
あるいは「カッコいいデザインをしたい!」と思ったのがきっかけな方もいると思います。
また、いろんな実習をしているうちに「将来こんなデザイナーになりたいな」と思うようになった方も少なくないでしょう。

デザイナー職で仕事を探すにあたって、いくつかの要素があります。

「はじめに」では、下記のような例を挙げました。
1. 媒体は?・・・紙、Web、ゲーム、プロダクトetc…
2. 業種は?・・・エンタメ、車、化粧品、飲食etc…
3. 企業は?・・・制作会社、代理店、メーカー、事業会社etc…

そこにもう1つ、デザイナー職ならではのポイントがあります。

それが「デザインテイスト」

街角で偶然出くわしたポスターに衝撃を受け、「こんなデザインをできるようになりたい」と思う。
自分のテイスト、感覚を形にしていきたい。伸ばしていきたい。

制作物を、感覚的な言葉で検索できるようにしてみました。
数多くある制作会社の中から、自身の希望するデザインから選んでみませんか?

※リンク先は、各項目に該当する求人が表示されます。
※検索画面からは、複数を同時に選択しての検索も可能です。

 

□ 販売訴求デザイン(カジュアル・ポップ)

□ 余白を活かしたデザイン(シンプル・シック)

□ 気品のあるデザイン (エレガント・モダン)

□ 温かみのあるデザイン (ナチュラル)

□ 女性向けデザイン(ガーリー・ふんわり)

□ 男性向けデザイン(スタイリッシュ・ヴィンテージ)

業界基礎知識一覧へ戻る