2017.2.28

企業選びのポイント~将来どうなりたい?~


「将来どうなりたい?」と聞かれたら、どんな回答をしますか?

会社を代表するADになりたい!
○○さんのような、みんなに注目されるデザイナーを目指したい!
Webも紙も、マルチに活躍できるクリエイターになりたいな


将来の話をすると、大きく2つの方向性が出てきます。

●どんな人物になっていたいか?
例えば「社長になりたい」。あるいは「有名になりたい」。
どんな風になりたいかです。

組織のマネジメントや管理を行い、あるいは事業の方針を立てていく。
いわゆる「ゼネラリスト」は、どの業種でも存在するポジションです。もちろんクリエイティブの世界にも存在し、必要不可欠な存在です。

また、クリエイティブ職種は、クリエイティブの力で世界に影響を与えることができるパワーがあります。
アートディレクターやコピーライターといった肩書の方がその代表例です。
このパワーのあるクリエイターになりたいというのも、ここに含まれるでしょう。

●どんなクリエイティブに携わっていたいか
クリエイティブに携わりたいという方は、こちらを先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
書籍や文具、衣服など、特定のモノを軸とした考え方もあれば、地域の活性化といったような目的優先、あるいは、紙やWeb、ゲームなど、媒体・技術で考えることもできます。

美大芸大就活ナビでは、下記のような分類で「夢検索!(なりたい自分検索)」ができます。

でも、これはあくまで一例。細かく分けていけば、なりたい自分は人ぞれぞれ。あらゆるパターンがあります。
まずは、主だった検索を見ながら、そして、どのような企業が紐づいているかを見ながら、自分が将来どうなりたいかを改めて考えてみましょう。

※リンク先は、各項目に該当する求人が表示されます。
※検索画面からは、複数を同時に選択しての検索も可能です。

 

□ 誰でも知ってる商品に携わりたい

□ 人の生活に根ざしたものを作りたい

□ 組織内でゼネラリストになりたい

□ 自分の名前で仕事が入ってくるクリエイターになりたい

□ 世界を変えるようなものづくりに携わりたい

□ クリエイティブの力で地域活性化に貢献したい

□ グラフィックもWebも、様々なクリエイティブを習得したい

□ 常に最新の情報、技術を振るえるクリエイターになりたい

□ 創業メンバーとして一緒に会社を大きくしていきたい

業界基礎知識一覧へ戻る